レーザー脱毛・毛嚢炎とは

レーザー脱毛をした後に、毛嚢炎という物が出来てしまった。
という方が多い様です。
毛嚢炎とはニキビの様に皮膚が盛り上がり炎症を起こす症状です。
これは、レーザー脱毛の副作用といいますか、デメリットでもあるそうです。
とくに男性のひげ脱毛をレーザーで行った場合、毛嚢炎になる確率は高くなるそうです。
レーザーの出力が強いと毛嚢炎になる可能性も高くなるみたいですね。
毛嚢炎が出来てしまった場合は、施術した病院で塗り薬などがでるそうです。
それを塗ると1週間前後で良くなってくるのだとか。
もし、毛嚢炎になるのが嫌なのであれば、医師と相談し、最初から低いレベルの出力で施術をした方が良いかもしれませんね。
ですが脱毛は、基本的に毛根に刺激を与えるものですから、なんらかのデメリットは必ずあると思っておいた方が良いと思います。
自宅でできるヒゲ脱毛、ベストな方法は? 【失敗する方必見】