医療レーザー脱毛の施術方法は?

現在、皮膚科や美容外科などのクリニックで実施している脱毛において主流となっているのが、医療レーザー脱毛という手法です。
これは、医療用レーザーの中から黒や茶色などの毛の色素に吸収される波長だけを取り出して肌に照射するというものです。
レーザーを吸収した毛や毛根周辺の細胞組織は熱によるダメージを受けて死滅します。
1~2週間程度で自然に毛が抜け落ちて以後は再生せず、いわゆる永久脱毛の効果を得ることができます。
永久脱毛の方法としては以前は電気針を用いて1本1本処理していく方法が一般的でしたが、レーザー脱毛はこれに比べて1回あたりの施術時間が短縮され、また痛みも軽いのが特徴です。
ただし処理できるのは施術する時点において生えている毛だけですので、完全な効果を得るためには発毛のサイクルにわたって4~6回程度にわたって処置を行う必要があります。
なお、医療レーザー脱毛はその名の通り医療行為にあたるとされているので、医療機関においてのみ行われています。
ワキの永久脱毛はどんなかんじ? 【料金や期間は?】