介護サービスに介護保険料を支払っている人で一定の条件の人が利用できる介護保険があります。介護保険料と言うのは、各市町村により違いがあるそうですね。介護サービスの種類には以下のものがあります。「在宅サービス」「施設サービス」<居宅サービスについて>療養上の管理を行います。

「通所介護」:利用者の趣味や生きがいに関する活動、入浴の介護などを在宅サービスセンターなどで行います。「通所リハビリテーション」:入浴、食事などに関する介護、機能訓練を医療機関等で行います。「訪問介護」:家庭でホームヘルプが介護、お世話を援助します。「訪問入浴介護」:家庭を巡回入浴差で訪問します。入浴介護をします。「訪問看護」:家庭に看護師、保健士が訪問して行う看護支援になります。「訪問リハビリテーション」:理学療法士、作業療法士が行うものです。「短期入所生活介護」:介護している家族が病気などの理由により介護が一時的に利用することができなくなってしまった場合は、特別養護老人ホームなどに短期間入所することができると言うものになります。

「短期入所療養介護」:介護している家族が病気などの理由により介護が一時的に利用することができなくなってしまった場合は、老人保健施設等に短期間入所できると言うものになります。今は、介護保険法が改正になったことで、ここに挙げた在宅サービスは要支援では受けられないで、要介護認定以上でなければ受けられなくなったのが変わった部分です。

関連ページ